<< 【エンジニア研修】本棚のおはなし | main | 【デザイナー研修】ムームードメインのバナーをつくりました! >>
2013. 06.18

【デザイナー研修】先輩デザイナーの仕事をなぞりました

はじめまして。
新人デザイナーのなおめめです。


わたし

福岡で1ヶ月間のたのしいデザイナー研修を終えて、昨日から東京での研修がはじまりました!
東京本社では無線LANがうまく繋がらなくて心細いです。

今日は前回に引き続き、福岡でやったことを書きます。

福岡のデザイナー研修2つめの課題は、ペパボの開発者向けホスティングサービスSqaleのトップページデザインのトレースです。
先輩デザイナーのデミさんのお仕事を丸写しです。
デザイナーといえば、自分でアイデアを出してデザインを新しく作るイメージがありますが、まずカタを体で覚えるのもとっても重要です。
今回はそれがよくわかった研修でした。

【 Sqaleお手本 】

http://sqale.jp/

つかえる素材:Sqaleのキャラクターのリポジーとドングル、ロゴデータなど

【 やったこと 】
1. 背景などの大きな土台をつくる
最初にパパパッと組み立ててちょこちょこイラスト置いてえっへんって感じだったのですが、はじめにずれてるガイドを引くところから始めたばっかりにびっくりするくらい崩壊したものができました。
最初からキャプチャーを敷けばよいだけの話だったのです。

残像がいっぱい

 

2. イラストをひたすらなぞる
まだベジェがこわいのでイラストをうつすのが私は大変でした。
「正解」があるのが易しかったり難しかったり。

経験を重ねた先輩のデザインをそのままトレースしていると、ぱっと見だと見逃すような色の変化がつけてあるのがわかったり、イラストの線のきれいさとか、小さな発見がたくさんあるので面白いです。
あと実際に手を動かすので、いくらかは自分のものになっているような感じもします。
なっていることを願っています。
何事もはじめは真似することからだと改めて思った研修でした。

ピカチュウピカチュウピカチュウピカチュウピカチュウピカチュウ

わたしたちデザイナー陣は先週末にこっちへ戻ってきたので、ペパボの文化祭へ行くことができました!
福岡でる前は寂しくて泣いて、戻ってきたら文化祭で笑ってへとへとになりました。
福岡も東京もペパボのひとたちは本当によくしてくれて私はうれしいです。
福岡支社のみなさん、ありがとうございました。
東京本社のみなさん、よろしくおねがいします。


コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック